火曜日, 2020年9月29日

おしゃれなインテリアの定番!アンティーク家具の魅力3選


世界に1つしかない希少価値のある家具

アンティーク家具の定義は、製造されてから100年以上の年月が経ったものとされています。そのため、残っている数も圧倒的に少なく、希少価値が高いのが魅力です。何度も修復されて現代まで残されているため、同じものは1つとしてなく世界にたった1つの家具となります。アンティーク家具は傷自体も家具の魅力となり、椅子1つ、テーブル1つでも部屋の中で大きな存在感を示します。インテリアのアクセントとしても魅力的な存在です。

現代では手に入らない素材で作られている

アンティーク家具が作られた時代は、現代のように量産型で家具が作られていたわけではありません。そのため、100年以上の年月を経ても残されているものは、近年では手に入らない素晴らしい素材が使用されているものがほとんどです。マホガニーの木材をとっても、木目の出方が全く違い、こだわりの素材で作られています。現在では木目にこだわった木材を使用するのは難しく、材質の良さはアンティーク家具の魅力となっています。

飽きのこない普遍的なデザイン

アンティーク家具はオーソドックスで普遍的なデザインのため、どんなインテリアにもマッチするのが魅力です。美しくて繊細で、細かいところまで手を抜かずに意匠を凝らしたデザインは、洋室はもちろん和室にもフィットします。流行りにとらわれないデザインであるため、時代を問わず愛され続けることができるのも特徴でしょう。また、アンティーク家具のような凝った装飾の家具を現代で手に入れる場合は、かなりの金額を必要とします。良質な素材、手間暇をかけて造られた家具をリーズナブルな料金で手にいれられるのも魅力です。

アンティーク家具は、現代ものにはない雰囲気や魅力がたくさんあります。古い家具ならではの押さえておきたい基本や扱い方、選ぶコツを把握して、おしゃれなインテリアを目指しましょう。