火曜日, 2020年8月4日

普通のタバコと加熱式タバコと電子タバコはどこが違うのか?


買い間違いをしないために違いを知る

タバコの種類は多いですが、最近は通常のタバコと加熱式タバコ、そして電子タバコの3種類が大きくカテゴリ分けされています。はじめに、通常のタバコについてですが、これは紙巻たばこと呼ばれていて、コンビニやタバコの自動販売機等で良く見かけることが出来る商品です。一般的なタバコのイメージと言えばこの紙巻タバコになります。そして、加熱式タバコについてですが、これは形状はタバコの葉を低温で加熱する点が違います。タバコは火を点火するので600度以上になり大量の煙が出ますが、加熱式タバコは200度から300度前後の低温なので、タバコ特有の煙が少ないメリットがあります。最後に電子タバコですが、これはタバコの葉を使わない新しいタイプのタバコで、タバコの葉を使わずリキッドを加熱して蒸発させ、その蒸気を吸う点が違います。

ニコチンやタールが含まれない電子タバコを使おう

通常のタバコや加熱式タバコは、タバコの葉を使うためニコチンやタールが発生してしまいます。しかし、電子タバコはニコチンやタールが含まれない商品も多く、タールで壁紙が黄色くなったりしないというのも大きなメリットです。ニコチンが含まれるタバコは依存性がありますので、禁煙をするために電子タバコを購入して使うのも良い方法です。ちなみに、電子タバコはタバコのような強い臭いが少ない商品も多く、タバコを吸った時に髪の毛や洋服が煙によって臭くなるのが嫌な方にもオススメできます。また、フレーバーも種類が多く、カートリッジを取り替えることで簡単に味を変えられます。タバコの味に似ているフレーバーもありますし、フルーティーな香りを楽しめるフレーバーなど揃っています。

vapeの通販はデザインが豊富なので選ぶ楽しみがあります。電子タバコのイメージを払しょくする形やカラーのラインナップがたくさんあるのです。