金曜日, 2020年12月4日

屋上緑化とは?メリットやデメリットを紹介


屋上緑化の意味とは?

屋上緑化とはその名の通り、屋上に植物や花などの緑を取り入れ、緑化することです。屋上緑化はデパートやショッピングセンターなどの商業施設でよく見かけますが、一般家庭でも作ることができます。建物と緑を融合させる屋上緑化には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

屋上緑化のメリットとは

屋上緑化は、地球温暖化を防ぐ効果があります。植物は地球温暖化の原因となる二酸化炭素を吸収し、酸素を放出するため、地球温暖化の抑制に効果を発揮するのです。また、屋上緑化は、屋内の「省エネルギー」にも一役買います。植物は太陽の光を遮る効果があり、室内の温度上昇を防止することができるため、夏の冷房の使用を減らせるのです。冬の場合は建物の熱を逃がしてくれ、それによりエアコンの効きが良くなり、省エネになります。緑はリラックスカラーとされ、植物は空気を浄化してくれたり、安らぎを与えてくれたりします。屋上緑化を取り入れることで、仕事で疲れた時、ストレスがたまった時の癒しのスポットとなってくれるでしょう。

屋上緑化のデメリットとは

屋上緑化のデメリットは、植物を多く設置することで、虫が発生しやすくなるということです。色々な虫が住み着いてしまうので、近隣トラブルを回避するために、病害虫防除管理が必要になるでしょう。屋上緑化は、メンテナンスに手間がかかります。毎日植物に水をやるのはもちろんのこと、除草や肥料まき、虫や鳥の防除対策など、やらなければならないことがたくさんあるのです。環境にも家にも優しい屋上緑化ですが、維持するためにはかなりの費用や手間がかかるので、気をつけましょう。

屋上緑化とは、建築物の断熱性や景観の向上などを目的として屋根や屋上に植物を植えることです。メリットは、地球温暖化防止、屋内の省エネルギーに役立つこと、デメリットは水やりや排水、防根対策をすることです。