火曜日, 2020年8月4日

なぜ必要?機械式時計のメンテナンスについて考えます!


なぜ機械式時計はメンテナンスが必要なの?

機械式時計は購入して終わりではなく、定期的にメンテナンスをする必要があります。特に機械式ムーブメントはたくさんの部品から作られていて、ねじを巻くだけで正確に時計を刻めるよう、連動しています。一定期間を過ぎると部品が摩耗したり、油が切れることがあります。部品の摩耗や油切れにより故障しないよう、機械式ムーブメントを定期的にメンテナンスをする必要があります。素人では手が出せない部分のため、メーカーや専門の職人にメンテナンスを依頼しましょう。この際に行われるメンテナンスを「オーバーホール」と呼びます。機械式ムーブメントをいったん分解し、ムーブメントを構成している部品を洗浄し、摩耗してしまった部品を交換します。さらに注油をしてから組み立てを行います。

メンテナンスに必要な費用は?

オーバーオールを専門業者に依頼すると、時計の種類にもよりますが、「2万円から5万円」はメンテナンス費用がかかるというのが相場です。機械式時計を購入するときは、予算に組み込んでおきたいところです。それでは機械式時計のメンテナンスは、どの程度の間隔ですべきなのでしょうか。まず「時計に違和感がある」時は、すぐにメンテナンスに出します。時計が正確な時を刻まなくなったとき、異音がするときなどは、すぐにメンテナンスに出しましょう。機械式時計が問題なく動いている場合は、「3年ごと、遅くても5年ごと」にメンテナンスをしているという人が多数派です。逆に言えば、3年ごとにメンテナンスをすれば、機械式時計はいつでも正確な時を刻んでくれるでしょう。

オーデマピゲはスイスで設立された老舗の時計メーカーです。現在まで評価の高い高級腕時計を多く世に送り出し、世界三大高級時計メーカーとして扱われています。