火曜日, 2020年8月4日

ブリーダーとペットショップ!ペットが買えるお店のデメリットとメリット!


ブリーダーとペットショップの違いを知ろう

ペット(とくに犬や猫)を購入しようと思っているなら、ブリーダーかペットショップの利用を考えているかもしれません。それぞれにデメリットとメリットがあるので、知ったうえでかわいいペットを家族にしましょう。

ブリーダーのメリットとデメリット

ブリーダーを利用する大きなメリットは、親の状態が分かるということです。親のサイズや健康は遺伝するので、購入したペットが大人になったときの状態を推測しやすいです。また、同じ種類が一匹だけ売られているのではなく何匹も売られているため、その中から相性がよい個体を選びやすいのもメリットでしょう。そして、ブリーダーで購入するデメリットは、希望する種類のペットを取り扱っているところが近くにない可能性があるところです。例えば、ブルドッグが欲しいと感じていても、住んでいる都道府県にはブリーダーがいない場合があります。そのときは、わざわざほかの都道府県でブルドッグのブリーダーを探さなければいけないので、購入までに手間や時間がかかってしまうでしょう。

ペットショップのメリットとデメリット

ペットショップで買うメリットは、近場に店舗があるのなら簡単に実物を見ながら購入できることです。触ってみたいと感じたのならスタッフにいえば、すぐにケージからだしてくれるのもメリットといえるでしょう。そして、ペットショップのデメリットは、ブリーダーよりも値段が高くなってしまうことです。ペットショップでは繁殖をしていないため、ブリーダーから購入をしています。つまり、ペットショップという余計な流通経路を経由することにより、繁殖元から直接買うよりも価格が高くなっているのです。

ペットショップなら神奈川県で探すのがお勧めです。犬や猫などの主要ペットだけでなく、ウサギやハムスター、鳥類、魚類、爬虫類など幅広く展開しているショップが多く、人気です。