火曜日, 2020年8月4日

ペットを飼う前に確認を!環境に合わせた選び方


家の環境から考えるペットの選び方とは?

全ての家がペットを飼える環境であるとは言えません。賃貸やマンションなどの場合には「ペット禁止」の規約を設けているところもあります。「小型までなら可」など条件付きで許可を出しているところもあるので、管理人や組合に確認しましょう。さらに、ペットは定められた条件だけでなく、ペットの居場所スペースや、室内の温度設定などペットによって快適な温度は異なります。飼い主が留守の間でもペットが快適に過ごせるように温度や湿度の調節ができるようにすることが求められます。

家庭環境に合わせたペットの選び方とは?

既にペットを飼っている場合や、小さな子供がいる場合には同居している家庭環境に合わせてペットを選びましょう。既にペットを飼っている場合、新しい別のペットが迎い入れられたことにより、嫉妬してしまって攻撃的になるペットもいます。狩猟犬や闘犬であれば、本能的に追いかけて噛み付くことがあるため、小さな子供に噛み付いてしまう危険性もあるので、ペットの性格や本能も調べながら検討をしましょう。また、一人暮らしの人は、家を留守にする時間を加味する必要があります。ペットは生き物です。食事や散歩などのお世話をするために、家の中で長時間放置にならないようにすることが大切です。

お世話の量で判断するペットの選び方とは?

ペットのお世話とは、食事や排泄物、散歩やトリミングなど多岐にわたります。ペットは自主的に身の回りのことができないので、飼い主が全て行う必要があります。大型犬の場合には、食事量も多いのでドッグフードが多く必要です。散歩の量も多く必要で、朝・晩と1日に2回、雨天であっても毎日散歩が欠かせない犬もいます。ペットによって異なるお世話の量を把握してペット選びをしましょう。

ペットショップは猫や犬等をペットとして購入でき、好みの動物と触れ合える場所でもあります。動物の種類や大きさも幅広いです。